中小企業の勤怠管理の選び方のポイント

中小企業が勤怠管理のシステムを導入する場合、もっとも重要視すべきポイントは、どれだけ長くそのシステムを使い続けることができるか、ということです。長く使い続けることができるシステムを導入するときの重要なポイントは、自社の就業規則に合っているかどうかということと、安心かつ安全に使い続けることができるかどうか、ということです。自社の就業規則に合っているか、という視点から勤怠管理のシステム導入を考える際は、自社の就業規則や勤務体系にそのシステムが合っているかどうか、ということをまず確認する必要があります。

なぜなら、就業規則は会社によって異なっているからです。会社によっては、3交替制の勤務形態を採用していたり、1日2回以上タイムカードの打刻を行う規則を採用している場合もあります。また、非正規労働者が多く働いているところもあります。このように、会社によって多種多様な勤務体系に対応できるかどうかをチェックすることが、中小企業が良い勤怠の管理のシステムを導入するうえでのチェックポイントとなります。給与ソフトときちんと連携できるかどうか、ということも、中小企業が勤怠管理のシステム導入を考えるうえで重要なことです。一般的に、給与の管理と就業管理を個別に導入するより、これらを一括で管理できる方が、管理者にとっては使いやすいシステムだといえるからです。給与の管理と就業管理を自動で一括管理できたり、簡素化できることで、システム導入の費用対効果を最大限に得ることが可能となります。

また、タイムカードや生体認証など、さまざまなターミナルに応じた勤怠の管理のシステムを選ぶようにしますと、会社の成長に応じてターミナルを使い分けることができるようになります。安心、安全に使い続けることができるのか、という点から勤怠管理のシステム導入を考える際には、法改正に柔軟に対応できるか、ということをチェックする必要があります。労働に関する法律が改正された際にも、そのシステムが柔軟に対応できるかどうかということは、勤怠の管理のシステム導入を検討するうえで重要なことです。労働に関する法律に対応している、とうたっているシステムは多くありますが、その対応の具合には温度差があるからです。法改正への対応の度合いが薄いと、その部分だけ手で入力をしなければならなくなる場合も出てきます。このような面倒なことになるのが嫌な場合は、どこまで自動で対応するものなのか、事前にしっかりと確認する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*