勤怠管理にはタイムカードは必須なのです

会社の中では勤怠管理を行う事で、社員の給料などの計算が行われて行きますが、この勤怠管理の元となるものは、出社時と退社時に打刻を行うタイムカードが元となります。会社にはそれぞれ出社時間と退社時間が決められており、その時間の中で労働を行う仕組みになっているわけですが、各社員は出社をするとタイムカードを打刻をし、退社をする時も同じ様にタイムカードを打刻していくのです。例えば、9時が出社時間であれば、9時までにタイムカードを打刻すればその人は遅刻にならず、通常のカウントが行われますが、仮に1分でも打刻を行う時刻となれば遅刻と言う扱いになるわけです。

同様に、退社時刻が17時30分であれば、17時30分に打刻を行えば、所定の労働時間を働いたとみなされますが、17時29分に打刻となると、所定の労働時間を働いていない事になりますので、早退と言う扱いになるわけです。しかしながら、1分程度の違いで早退扱いにする事は基本的にはありませんが、勤怠管理を行う上ではタイムカードは基準となるものであり、1分でも早く打刻をしてしまえば、早退と言う事になるわけです。最近は、従来からあるようなアナログ式のタイムカードではなく、ICカードなどを利用したタイムカードを利用している企業も多くなっています。タイムカードと言うものは、カードを機械の中に差し込むことで、差し込んだ時刻を刻んでくれるものですが、ICカードの場合は、ICカードに社員の情報が登録されており、その社員がタイムレコーダーにICカードをかざすことで時刻を記録すると言うものです。

しかし、この記録というものはICカードに記録を行うわけではなく、タイムレコーダーはパソコンに接続されており、打刻が行われると、社員情報を元に時刻をデータとして記録していくのです。そのため、データーで勤怠管理が出来ると言うメリットがあるわけです。従来のタイムカードでは、月末など締めとなる時期になると、各社員のタイムカードを集め、日々の勤怠をチェックしながら時刻を記録したり計算を行っていたわけです。しかし、タイムカードにICカードを利用する事で、打刻をする時刻がパソコンに転送されますから、いちいち時刻を記載したり、入力をする事が不要になりますし、1日の所定労働時間が正しいかどうかや、残業時間の計算などもパソコン上で行えるので勤怠管理を行う人にとってはとても便利なシステムと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*